福井県でかにを食べよう!日帰りランチから旅館まで11選

出典:カフェモカ男さん

福井県でかにを食べよう!日帰りランチから旅館まで11選

福井は、東尋坊や九頭竜湖などの雄大な自然だけでなく、福井城跡をはじめとする史跡も楽しめる、観光客に人気の県です。「越前かに」など現地���らではの絶品グルメも、観光中にぜひ味わっておきたいところです。今回は、福井県内でかに料理がおすすめのお店をまとめました。

更新日:2022/11/04 (2018/12/07作成)

30421view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる894の口コミを参考にまとめました。

福井県でかにを食べよう!宿泊もおすすめの旅館

樽海

3.55

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

国道305号線沿い、日本海を臨める場所で営業している「樽海」(たるみ)。かに料理が食べられるのはもちろん、宿泊や宴会の利用もできるお店だそうです。

近くには越前岬や東尋坊などがあるので、福井観光の拠点にするのにぴったりなのだとか。

樽海

冬の時期には越前漁港で水揚げされた、「越前かに」のお刺身やしゃぶしゃぶなどが味わえるそうです。

かにをはじめとする魚介は店内の生け簀の中に入っていて、注文を受けてから調理をするため鮮度抜群とのこと。

冬季以外でも活イカやとらふぐなど、季節に応じて旬の海鮮料理が楽しめるそうです。

写真の「エビフライ定食」のエビフライはかなり大きく、身もプリプリ食感でとても美味しいのだとか。

茹でカニ・カニ刺し・焼きカニ・お刺身・カニしゃぶ全て美味しかった。毎年この時期に福利厚生旅行するのでここは必ず行きたいお店樽海さんでした♪

出典: のり5264さんの口コミ

新鮮な越前蟹をいろんな食べ方で体験できたのでとっても満足でした。個人的には、とくに焼き蟹がおいしかったです。蟹の甘みが引き出されていて、最高でした!お部屋からは日本海が一望できて、ロケーション的にも良かったです。

出典: majyo1983さんの口コミ

こばせ

3.84

夜の金額: ¥15,000~¥19,999

昼の金額: ¥15,000~¥19,999

「こばせ」は、明治3年に開業以来、多くの観光客が利用している宿泊施設です。

館内には展望温泉大浴場や水洗風呂などがあるので、旅の疲れを癒すのにもぴったりなのだとか。

お料理に使う「越前かに」は、仕入れてから最低3日間、水出しをしてから特製の釜で茹で上げるそうです。

写真の「月見ガニ」のようなオリジナル料理も豊富で、思う存分かに料理を堪能できるのだとか。

こちらは宿泊客が優先して食べられるという「開高丼」。作家の開高健さんが生前に訪れ、実際に食べたお料理をもとに作られたメニューだそうです。

ご飯の上にかにの内子や外子、ミソなどをたっぷりのせた、贅沢な一品とのこと。

蟹目的のお宿としてはこれ以上ないほど満足。もうしばらくは蟹はいいや~と思って帰ってきましたが、これを書いているうちにまた開高丼を食べたくなっています。

出典: だーらはさんの口コミ

・開高丼
一度にこんなに内子と外子を食べる事が無いので、とても貴重な経験ができました。ご飯もしっかり蟹の出汁が染み込んでおり、大変美味しく頂きました。

出典: ぺーぱーかんぱにーさんの口コミ

望洋樓

4.03

夜の金額: ¥100,000~

昼の金額: -

三国港駅から車で約2分の距離にある料理旅館「望洋樓」。2021年にリニューアルし、写真のように洋風のスタイリッシュな外観に変わったそうです。

各部屋からは日本海を一望できるだけでなく、福井県産の石や紙を用いたインテリアも置かれているのだとか。

夕食で提供するかに料理では、「越前かに」の中でも最高レベルのものを使っているそうです。

身の詰まり具合や味噌の多さなどが抜群で、思わず黙々と食べてしまうほど美味しいのだとか。

朝食の内容も豪華で、前日に食べ切れなかったかに料理を提供してくれることもあるそうです。

写真のだし巻き玉子には、カツオ節ではなくマグロ節がかかっていて、風味がとても良いのだとか。

チェックインする時に夕食用の蟹を見せてくれますよ(^^♪かに料理はせいこがにから始まって越前がにの刺身、ゆでがに、焼きがに、釜飯とかなりのボリ��ームです‼️さすがのブランド蟹‼️ふわっとした身とジューシーな味わいです‼️茹でがには食べれなければ朝食で出してくれます‼️

出典: 中とろファンさんの口コミ

蟹料理を頂くと、当分蟹は要らないと思うことがありますが、こちらは次の日にでもまた食べたいと思うお料理でした(*´ω`*)

出典: yopiさんの口コミ

岩本屋

3.53

夜の金額: ¥40,000~¥49,999

昼の金額: ¥30,000~¥39,999

「岩本屋」は丹生郡越前町で営業している宿です。全て和室の部屋なので、ゆったりとくつろげるのだとか。

部屋からは日本海に沈む夕日が眺められるほか、展望風呂からの眺めも絶景とのこと。

「越前かに」が旬の時期には、夕食ではお刺身やしゃぶしゃぶ、天ぷらなど、様々なかに料理を味わえるそうです。

シメで提供される雑炊には、かに味噌がたっぷり入っていて旨味があふれているのだとか。

朝食では、かにの味噌汁などのかに料理以外にも、美味しいお魚料理が充実しているそうです。

時期によってはイカ刺しなども味わえ、夕食はかに、朝食はイカと豪華なラインナップを楽しめるのだとか。

どの蟹料理も美味しいですが、やっぱり一番印象に残るのはそのまま食べる越前蟹です。蟹の身はしっかりとしているし、蟹味噌は濃厚で、今まで食べてきた蟹とは別物ですね。

出典: たけひこ@ブロガーさんの口コミ

夕食には舟盛り・カレイの煮付け・焼きカレイ・カニ・天ぷら等が出てまいりました。朝食も海の幸がふんだんに有って美味しくいただきました。

出典: 越前市のちょうさんさんの口コミ

朝食は、紅ズワイの刺身、茹で蟹、ご主人特製の子持ち鰈の一夜干し、生雲丹、へしこ、一人ずつ釜で炊く新米等、夕朝食共に驚きのコスパと美味しさでした!!

出典: chin〜さんの口コミ

越前満月

3.57

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

越前満月 - お部屋(2)

「越前満月」は、3,000坪という広大な敷地を有する高級和風旅館です。

広い土地面積に対して、館内の部屋は10室ほどにおさえられているので、贅沢な気分に浸りながら宿泊やお食事ができるのだとか。

越前満月 - 茹で蟹の群れ

冬季には「越前がにプラン」という宿泊プランが用意されていて、心ゆくまで地元で捕れた海の幸を堪能できるそうです。

夕食では、調理する直前まで生け簀に入れられた「越前かに」のお造りや鍋、雑炊などのフルコースを味わえるのだとか。

越前満月 - 朝から盛沢山

朝食で提供されるのは、へしこの炙りやゴマ豆腐など、夕食に劣らず豪華なラインナップとのこと。

美味しい福井名物がたくさん食べられるので、観光中のお食事にぴったりと評判です。

刺身、茹で、焼き、鍋と豪華フルコース!身がぎっしり詰まった蟹を前に無心で剥き続ける面々。皆必死なのであります。やはりオーソドックスな茹でタイプが蟹本来の旨みを最も引き立たせてくれますね。個人的には茹で推しです。〆の雑炊までひたすら突っ走った2時間でした。

出典: jubyさんの口コミ

なんといってもカニはやっぱり茹でですね。これがオーソドックスで一番旨いと思う食べ方です。刺身までは会話があったものの、茹でガニ食べだすとすっかり会話がなくなりました(笑)

出典: yokoeさんの口コミ

福井県でかにを食べよう!ランチもおすすめのお店

越前蟹の坊

3.56

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

越前蟹の坊

三国港駅から徒歩1分で行ける「越前蟹の坊」は、料理旅館「望洋楼」が直営するお食事・お土産処です。

店内は掘りごたつ式の半個室などがたくさんあり、落ち着ける空間になっているのだとか。

写真は「三国湊 甘海老てんこ盛り丼」。たっぷりとのった甘海老はプリプリ食感で、食べ応えもあるためランチタイムに注文するお客さんが多いそうです。

セットで付いてくる冷奴や玉子焼きなど、全てのお料理のレベルが高いのだとか。

越前蟹の坊

こちらの「せいこ丼」には、福井県沖で水揚げされた雌のかにが二杯分使われているそうです。

外子はプチプチ食感を、内子はかに味噌の旨味が味わえ、ご飯も進む贅沢な一品とのこと。

年に一回は食べたい蟹。年々価格が高騰していることもあり、信頼できるお店で頂きたいもの。敷居は低めでもクオリティはキープしているこちらなら安心してお邪魔できると思っています。

出典: snowdropさんの口コミ

宿泊していた市内からは少し運転する必要がありましたが来てよかったと心から思いました!ついでに東尋坊も観光できますのでおすすめのランチスポットです。

出典: l0ok1ng_f0rさんの口コミ

・三国湊 甘海老てんこ盛り丼
しまった酢飯にみずみずしい甘えびがたっぷりと乗り、カニ酢のような癖になる酢でさっぱりと味付けされています。2回ほどランチの時間にこのお店に行きましたが、周りのお客様もみなさんこの「甘えび丼」を頼まれていました。

出典: ラードキャプターさくらさんの口コミ

魚屋の喰い処まつ田

3.66

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥6,000~¥7,999

魚屋の喰い処まつ田

京福バスの波の華バス停から、徒歩7~10分のところにある「魚屋の喰い処まつ田」。

広々とした店内は明るく、窓からは日本海の絶景を眺めながらお食事ができるそうです。

写真は「海の男前 まつ田ずわい丼」。大きめのズワイガニを丸々1杯使い、かに風味の炊込み御飯の上にむき身をのせたメニューだそうです。

濃厚なかに味噌も味わえるので、お昼に注文して贅沢なランチタイムを過ごすお客さんも多いのだとか。

魚屋の喰い処まつ田 - ミックスフライ定食 2,200円

こちらは「ミックスフライ定食」。大きな海老フライに加えて白身魚フライも味わえる、コスパ抜群のメニューとのこと。

海鮮丼や定食には、小鉢と味噌汁も付いてくるそうです。

一匹は茹で、あと一匹は刺身と焼きで頂きました♪新鮮で繊細な美味しい刺身。焼きは風味良くて個人的に一番好き〜(о´∀`о)蟹味噌なんてもう最高d(^_^o)

出典: yasur219さんの口コミ

・海の男前 まつ田ずわい丼
美味しい食べ方は書いてある通り甲羅にかに酢を入れて残ってる蟹味噌と混ぜてかけて食べる。これは本気美味い。てかこの見た目のインパクトやばいよね。海を眺めながら蟹を食べるって最高✨冬はせいこかにバージョンがあるので今度は冬にまた来たいな。

出典: グルメ帝王さんの口コミ

越前がに やまに水産

3.49

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

越前がに やまに水産

雄島バス停から徒歩で3分の距離にある「越前がに やまに水産」。東尋坊の近くにある水産店で、お食事のほかお土産の購入もできるそうです。

宮内庁御用達のお店でもあり、毎年上質なかにを献上しているのだとか。

越前がに やまに水産

メニューは、軽食から贅沢な御膳まで幅広いので、ランチはもちろんちょっと休憩したい時にもぴったりのお店だそうです。

朝取れのかにを使った丼など、かに料理も充実しているので、東尋坊を観光した際に立ち寄るのにおすすめとのこと。

丼メニューには「わかめ汁」、または「なぎさ汁」を付けられますが、写真の「なぎさ汁」の方がおすすめなのだとか。

旨味がたっぷり染み出た、かにや海老の出汁が味わるうえ、身体も温まる1杯とのこと。

観光地の東尋坊にある、こちらのお店で、ランチです。イカ焼き、大アサリ、カニ味噌等いろいろな海鮮堪能できて、おいしくて大満足です。ごちそうさまです。

出典: febeeさんの口コミ

蟹の大きさにまず感動。次いでいつもながら、普通のズワイガニとは別物というべき甘さと美味しさ。新鮮なので身離れも良く、あっという間に完食。色んな海鮮が盛り合わされた浜焼きもボリューム大で美味。名物の蟹甲羅の蟹味噌と玉子を焼いた蟹玉も絶品。いや〜っ、幸せなひと時でした。

出典: Tat3さんの口コミ

福井県でかにを食べよう!コースもおすすめの高級店

川喜

2022年Bronze受賞店

4.32

夜の金額: ¥60,000~¥79,999

昼の金額: ¥60,000~¥79,999

川喜

三国神社駅から徒歩10分のところにある「川喜」。明治時代創業の「越前かに」の名店とのこと。

店内は歴史を感じさせるような和の空間が広がっていて、大小さまざまな個室が用意されているそうです。

店主さん自らせりへ出向いて「越前かに」を仕入れているそう。調理方法を茹で1種類に絞るなど、こだわりが詰まったお料理を提供しているのだとか。

予約は2名から可能で、1人1杯ずつのコースと2人で1杯のコースから選べるとのこと。

コースは、かにだけでなく甘エビやカレイなど、様々な海鮮料理が味わえるのだとか。

甘エビは適度な甘味や旨味が感じられるうえ、磯の香りも心地良く、かにに劣らず絶品とのこと。

茹でたての蟹、まずは蟹味噌をそのまま味わい…濃厚味噌がおいしすぎて感動…味噌がついた脚の部分にかぶりつき味噌とかに身が混ざり合ってさらにおいしく、、蟹酢いらないほどのおいしさでした。。雑炊とおみかんで大満足の蟹となりました。

出典: ぷりんちゃん。さんの口コミ

ほぼ蟹尽くしなんで飽きるかと思いきや最後まで美味しくいただけます。甘エビが又ねっとりあまあまで美味しかったです。

出典: まんおじさんの口コミ

僕としては、文句なしのフルポイントです。ここ以外の蟹、もう食べられない笑多くは語りません。ぜひ、一度食べてください。お値段の意味がわかります。

出典: eichan6128さんの口コミ

越前がに・旬のお料理 らでん

3.55

夜の金額: ¥15,000~¥19,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

越前がに・旬のお料理 らでん

JR福井駅から徒歩わずか1分で行ける「越前がに・旬のお料理 らでん」。お昼のランチや夜のコース料理、会食など幅広く利用できるお店だそうです。

店内にはカウンターやテーブルのほか、掘りごたつの個室も完備されているのだとか。

「越前かに」が旬の時期には、茹でがにメインの「輝々コース」をはじめ、かに刺しや焼きがになども味わえる「燦々コース」など複数のコースが提供されるそうです。

いずれも「越前かに」だけでお腹いっぱいになれる、贅沢尽くしの内容とのこと。

夜の時間帯はコースだけでなく、「越前かに」単品での注文もできるそうです。

1番小さいサイズでも800gはあるのだとか。生け簀にいるかにを食べる直前に調理してくれるので、鮮度・美味しさ・食べ応えは抜群とのこと。

コースはすごくボリュームがあってお腹いっぱいになります。落ち着いていてゆっくりお食事ができました。日本酒も一通り福井の有名どころは押さえてありました。

出典: ねねみちイートさんの口コミ

・らでんコース
先付けからデザートまで、どれも美味しい。カウンターも板前さんが目の前で調理してくれて、雰囲気もいい感じ。個室も綺麗で落ち着いて食事ができる。

出典: 越前一さんの口コミ

・せいこ丼御膳
外子はシャキシャキと卵の食感が素晴らしく、内子は味噌と絡まって非常に風味高い。身もあっさりとしてカニ酢がよく合う。

出典: kenta-crvさんの口コミ

滝の川

3.50

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

滝の川

JR福井駅からバスで約10分のところにある「滝の川」。かにが旬の時期は、休まずに営業しているそうです。

店内には、カウンター席とテーブル席が用意されているのだとか。

「越前かに」が楽しめるコースは、手ごろな値段のものから数十万円単位のものまで幅広く用意されているので、予算に応じて適切なコースを選べるそうです。

かに料理は「熱を通して火を通さない」調理法で作るなど、お店独自のこだわりがあるのだとか。

滝の川 - 茹でカニ

「越前かに」のほか、数千匹に1匹しか捕れないと言われている「黄金ガニ」もコースで提供しているそうです。

身はズワイガニのように分厚いので、食べ応えがあるとのこと。紅ズワイガニのような甘味も兼ね備えているので、稀有な味わいを楽しめるのだとか。

ひと通りの蟹料理が楽しめるコースを注文しました。刺しから始まり、天ぷら、鮨、セイコガニ、シャブシャブとそれぞれ旨みが楽しめる贅沢な料理。素材、調理が整えば旨いに決まっています!

出典: 転ぶ前に転ばないさんの口コミ

・満足志野コース
この値段で本場の越前がにを堪能できるのはコスパ素晴らしいです♪本場ならではですね!グルメ友達に感謝です♪ご馳走さまでした☺︎

出典: PH87さんの口コミ

※本記事は、2022/11/04に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ